大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪の管理組合理事さん必見!マンション管理会社を見極める鑑定眼きたえます

大阪でおすすめのマンション管理会社~不動産・ビル・賃貸・分譲~  » マンション管理組合の仕事事情|大阪編

マンション管理組合の仕事事情|大阪編

マンションの管理組合とは、そもそもどのような組織なのか、詳しくご存知だろうか。管理組合という組織の法的な根拠、おもな仕事内容など、基礎知識をおさらいしてみよう。

管理組合とはどんな組織なのか

マンションは一戸建てと異なり、複数のオーナーがひとつの建物の中に存在している特殊な形態である。

専有部分に関しては完全に個人の財産だが、廊下やエントランスなど共用部分は共有財産となるので、オーナー同士が協力して管理しなければならない。

同じ屋根の下でお互いの権利を害さないよう、心地よく暮らすためのルールを決め、建物や設備の維持を行っていくための主体となる団体が管理組合だ。

マンションに入居(区分所有)したときから、自動的にすべての区分所有者が管理組合員となり、管理組合が組織される。

組合員は、マンションを所有している本人のみで、所有者の家族や所有者から借りている人は組合員とはならない決まりになっている。

管理組合が行う仕事とは

実は、管理組合が行うべき業務は膨大な量に及ぶ。建物や設備の清掃と点検、補修、管理費や修繕積立金の集金、予算の作成や決算、会計管理など、数え上げればきりがない。

あまりにも大変なので、管理会社へ委託しているマンションがほとんどというのが実情だ。

そこで、管理組合のおもな業務を以下にまとめてみた。

  • マンションの建物や設備の日常的な管理
  • 建物や設備の定期点検
  • 損害保険への加入
  • 建物や設備の補修や修繕
  • 予算の作成と提案、決算の確認と報告
  • 会計管理
  • 資金運用
  • 管理費や修繕積立金の集金、督促、費用の支払い
  • 修繕工事の立案、計画作成、実施
  • 総会や理事会の開催
  • 管理規約の見直しや改正、細則の作成など
  • 防災訓練、区分所有者への広報、イベントの開催

管理組合は管理会社と二人三脚で歩むべき

管理組合のおもな業務内容を書き出しただけでも、しんどいことがよくわかるだろう。理事や組合員がみんなで分担するとしても、自分の仕事や家事をこなしながら行うとなると、途方もない作業である。

したがって、仕事量の問題だけでなく、専門知識や技術が必要となることから考えても、管理業務や専門の管理会社へ委託するのが無難といえる。

信頼できる管理会社と契約し、自分たちの望む管理サービスを希望の管理費用で実現させるのがもっとも理想的な形だろう。

安心で快適な住環境を得るために、管理会社は管理組合が自分たちの意志で決め、管理費用も交渉して決定するべきなのだ。

そこで、このカテゴリーでは、管理組合が主体となって、管理会社を変更し、成功した体験談を紹介しよう。

さらに、大阪府のマンション管理組合が受けられる行政サービスなどについても解説するので、ぜひ参考にしてもらいたい。

マンション管理って何をすればいいの?

 
大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~