大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪の管理組合理事さん必見!マンション管理会社を見極める鑑定眼きたえます

大阪でおすすめのマンション管理会社~不動産・ビル・賃貸・分譲~  » マンション管理組合の仕事事情|大阪編 » マンション管理士とは?資格の必要性

マンション管理士とは?資格の必要性

マンション管理の部分は、今後の生活に大きく関わってくる。慎重に選んでいきたいところ、ここでマンション管理士の出番だ。マンション管理士という資格があるのをご存じだろうか。マンション管理に資格を持っている人が関わっているというだけで、なんとなく安心するがマンション管理士という名前だけで無駄な管理費を払わされるのではないのか。という不安も出てくる。実際、マンション管理士とはどんな資格なのか試験の内容についても紹介しよう。

マンション管理士の資格について

資格の具体的な内容について説明していく。マンション管理士という資格は「専門的知識をもって、管理組合の運営、建物構造上の技術的問題等マンションの管理に関して、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業務とします。」※資格を得るには、当然マンション管理士の試験に合格し、登録をしなければいけない。

試験の概要

想定されるマンション管理士試験の内容

マンション管理に関する法令及び実務に関すること 建物の区分所有等に関する法律、マンションの建替え等の円滑化に関する法律、民法(取引、契約等マンション管理に関するもの)、マンション標準管理委託契約書、マンションの管理に関するその他の法律(建築基準法、消防法、住宅の品質確保の促進等に関する法律等)等(省略しています)
管理組合の運営の円滑化に関すること 集会の運営、役員や理事会の役割等、管理組合の苦情と対応、管理組合の訴訟と判例、管理組合の会計 等(省略しています)
マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること マンションの構造・設備、長期修繕計画、建物・設備の診断、大規模修繕 等
マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること マンションの管理の適正化の推進に関する法律、マンション管理適正化指針 等

参考:国土交通省/マンション管理士になるには

上の表でも分かるように、幅広い分野で出題されるためマンション管理士の資格を得るには、相当な勉強が必要だ。合格率は7~8%と、限られた者しか持っていない非常に難易度の高い資格と言える。

マンション管理士の必要性

管理会社があればマンション管理士なんていらないのではないか。という見方もある。しかし、マンション管理士がいてこその利点があるのだ。

管理会社への疑問

入居している者で成り立つ管理組合と管理会社でのやり取りで、様々な疑問が出てくる。

例1、修繕費の問題。管理会社から修繕費の見積もりをもらっても、比較するものがないから妥当な額なのか分からない。

例2、フロントマン(担当者)が働かない。

例3、そもそも、フロントマン(担当者)の知識が少ない。

他にも予想される問題は多々ある。しかし、この疑問や不満はどこにぶつけどう解決したらいいのだろうか。

管理会社に属していないマンション管理士

そんなとき、外部のマンション管理士が間に入っていることで、第三者としての見方や意見が出る。管理会社にもマンション管理士がいるから、もう必要ない。という意見もあるが、管理会社の管理士であれば、管理会社側でしかない。そこで、管理会社に属していない外部のマンション管理士を間に入れる。多くの知識を持ったマンション管理士なら、多くの問題に対応してくれるので入居者側からしたら、とても頼りになる存在となるのだ。

マンション管理士がいれば心強い

お金の問題にも関わってくる、マンション管理。管理会社だけに任せておくと、知識の少ないフロントマン(担当者)になる可能性もある。より住みやすい、安心したマンション生活を送るには、マンション管理士の存在が大切になってくるのだ。

参考:国土交通省/マンション管理士になるには

 
大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~