大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪の管理組合理事さん必見!マンション管理会社を見極める鑑定眼きたえます

大阪でおすすめのマンション管理会社~不動産・ビル・賃貸・分譲~  » マンション管理組合の仕事事情|大阪編 » 大阪市防災力強化マンション認定制度について

大阪市防災力強化マンション認定制度について

大阪市防災力強化マンション認定制度とは

大阪市が創設した大阪市防災力強化マンション認定制度は平成21年8月から始まり、基準と比べて安全面が高いマンションと認定している制度です。制度の目的は、防災性に優れ災害に強い良質なマンションになるよう、整備を進めさせるものといえます。耐震性や耐火性といった建物の安全性基準を設けて、チェックしています。

被災時の生活維持に求められる設備・施設の整備や住民による日常的な防災活動の実施といった部分まで評価。ハード面・ソフト面の両方の側面からの防災力向上を促進しています。

大阪市防災力強化マンション認定制度の目的

大阪市防災力強化マンション認定制度の目的は、マンションを災害に強い良質なものへ誘導することです。

阪神・淡路大震災など国内のさまざまな地域で震度6以上の大規模地震が多く起こっており、耐震性は重要な項目となっています。ですが、それだけでは不足している面もあり、災害時におけるマンション住民を含めた地域の連携や地域の防災力の向上・生活支援のシステムの構築が必要です。過去の事例や教訓から、災害に備えた仕組みを浸透させることも目的としています。

大阪市防災力強化マンション認定制度はマンションの価値向上につながる

大阪市防災力強化マンション認定制度は、マンションの価値向上につながる多くのメリットがあります。このメリットは、マンションの開発事業者や購入者・地域コミュニティにとっても大きなものです。

大阪市によるPR

防災基準を満たし、認定された物件には認定プレートが交付されます。認定されたマンションは、大阪市が積極的にPRしています。

Webサイトでも公表されるので、マンションの開発事業者としては広告宣伝・販売促進につながるといったメリットがあります。大阪市防災力強化マンション認定は自治体のお墨付きとも言える認定なので、信頼性も非常に高いと言えるでしょう。

防災に関心が高いコミュニティの形成

大阪市防災力強化マンション認定は、防災に関心が高いコミュニティの形成にもつながります。認定基準を満たすための費用は販売価格に転嫁されるので、自然と防災意識が高く安全と安心に投資できる購入者が多くなります。

購入者にとっても自治体の認定は、実際にお金をかける価値があるかどうかの指標にもなると言えるでしょう。

このような購入者が集まれば、自然と防災意識の高い住民が集まりやすくなります。マンションが立地する地域コミュニティにおいても防災力の向上に役立つ結果となります。

 
大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~