大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪の管理組合理事さん必見!マンション管理会社を見極める鑑定眼きたえます

大阪でおすすめのマンション管理会社~不動産・ビル・賃貸・分譲~  » 【3強デベロッパー】マンション管理会社・大阪編

【3強デベロッパー】マンション管理会社・大阪編

独立系管理会社に対し、マンションを供給しながら管理も行う会社は「デベロッパー系」と呼ばれますが、ここではそれらの代表的な会社を紹介しよう。

大手デベロッパー系のマンション管理の特徴とは

このカテゴリーで取り扱う、“大京”、“長谷工”、“三井不動産”と聞けば、言わずと知れたマンション開発&販売の大手であり、全国のあらゆる都市で数百戸という規模の大型マンションを開発し、次々と販売している。

この3つの会社だけでも、日本全体のマンション販売のかなりの割合を占めているのではないかというほど、有名ブランドであるといえるだろう。

これらのブランド会社は、マンション販売だけでなく、建築工事を請け負う会社や設備の点検と保守を行う会社、ビル管理会社など多くのグループ会社を抱えているという特徴がある。同じグループ内で仕事を回し合って、大きく成長してきているわけだ。

大手デベロッパーが開発した大型マンションは、販売と同時にグループの子会社へ管理を委託する場合が多いのは、そんな理由があるのである。

そんな大手デベロッパー系の管理会社は、長年培ってきたブランドの知名度や信頼性が売りだ。グループ会社がたくさんあるため、建物の点検や保守、修繕、リフォームなど、マンションに関わるあらゆる事柄を、グループ会社内で解決することができる強みがある。

しかし、他社と競争しているわけではないので、消費者の目線から判断すると、価格やサービスの面で努力が足りないところも目立つのは否めない。

基本的には、管理組合が希望すれば、入居から1年経過した時点で管理会社を変更することは可能となっており、サービスに不満がある管理組合が、デベロッパー系の管理会社から他社へ変更するケースが増えているらしい。

そんな時勢を受けて、デベロッパー系も管理費用やサービス内容に改善を加え、競争力をつけてきているとも言われている。

関西エリアでも、“大京”、“長谷工”、“三井不動産”の3つは強力なブランド力を発揮しているが、系列管理会社はそれぞれ独自のシステムを導入してサービスを充実させている。

ここでは、3強デベロッパー系管理会社の業務内容や会社の特徴ついてまとめてみたので、「独立系もいいが、大手デベロッパーも捨てがたい」という方には、ぜひ参考にしていただきたい。

トラヲ理事長のおすすめ!

 
大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~