大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪の管理組合理事さん必見!マンション管理会社を見極める鑑定眼きたえます

大阪でおすすめのマンション管理会社~不動産・ビル・賃貸・分譲~  » 【3強デベロッパー】マンション管理会社・大阪編 » マンション管理は難しい!大阪での業務サポート会社を比較してみました!

マンション管理は難しい!大阪での業務サポート会社を比較してみました!

サポート会社の選び方

お金を投資する方法としては株やFX、投資信託などさまざまなものがありますが、中でも特に効率のいいのがマンションなどの不動産経営です。投資目的でマンションを購入し、これを貸して賃貸料を得るのがマンション経営ということですが、経営するマンション数が少ない場合には借主との契約やメンテナンス、フォローを自分で行う「自主管理」もそれほど難しくはありません。ところが経営するマンションが遠隔地にあったり、あるいは5世帯以上ある場合、サラリーマンとしての仕事が忙しい場合にはサポート会社に諸手続きを任せてしまう方がはるかに楽です。もちろんサポート会社には管理委託費を払わなければなりませんが、ストレスやわずらわしい手間から開放されることを考えれば決して高い金額ではありません。

問題はどこのサポート会社を選ぶかということです。金額に関してはもちろん安いにこしたことはないのですが、安ければサポート内容も限られてきますし、充分な保証を得られることもできません。どこまでサポートをしてほしいのか、毎月幾らぐらいまでなら管理委託費を払えるのかをまずはきちんと整理した上でニーズに最も近いサポート会社を選ぶことが肝心になってきます。

マンション経営は一見簡単そうに見えますが、他人に任せないで自分だけでやろうと思うとけっこう大変です。まず毎月の入金管理。家賃が所定の日に振り込まれているかどうかを確認するわけですが、借り手によっては支払いが滞る危険が絶対ないとは言いきれません。家賃の催促や回収はかなり大変で神経を使う作業ですし、万が一裁判などということになるとお金もかかります。さらに真夜中に「水が出なくなった」「給湯器が故障した」などの苦情を受ける可能性もあります。こういったトラブルはマンション管理のプロであるサポート会社に任せておけば手間が省けますし、会社の休みを取って借り手に対応する必要もなくなります。

初めてマンション経営をする人なら、やはり大手として知られる「大京」「長谷工」「三井不動産」のいずれかを選ぶのがおすすめです。

信頼できるマンション管理会社の見分け方

マンション管理会社はピンからキリまでありますが、信頼のできるところを探すコツはやはり「扱っている件数が多いこと」「会社としての歴史が長いこと」にあります。

大阪にあるマンション管理会社の中でも特に評価が高いのが大阪市中央区にあるJNコミュニティ。「いま、マンションライフのなかで、何が求められているのか」を真剣に追い求めてきた同社は昭和47年に創立されて以来、マンション管理ばかりではなく工事提案事業や各種サービス事業も展開して暮らしのコーディネーターとしての役割を果たしています。

大阪市福島区にある浪速管理も口コミで高い評価を受けているサポート会社ですので、マンション経営を始めようと考えている人は管理委託の見積もりを早めに依頼するといいですね。1971年に業務を開始した浪速管理は「毎日の生活の快適性」と「建物を長期的な視野で捉えた安全性」をモットーにキメの細かいサービスを展開しています。適正価格内での高品質な管理業務を提供する会社を探している人にはぴったりのサポート会社と言うことができます。

大阪ではもうひとつ、吹田市にある旭中央もクオリティの高いサービスを提供していることで有名です。1972年に創立されたこの会社はマンション管理事業の他に建物警備事業や建築リフォーム事業、インテリア・テキスタイル・インドアグッズ事業なども幅広く展開しており、グローバルな視野からのサポートを受けることができます。ランニングコストを効率よく削減するノウハウが確立されていますので、リーズナブルな価格で最大限のサポートを受けることができるのが旭中央のメリットです。

フロントマンの質が重要

マンション管理業務は店舗における接待業などとは違うため、店員が顧客に日々対面してニーズに対応していくというわけではありませんが、何かトラブルが起こった時にはフロントマンが借り手に対応していくことになります。フロントマンとは現場担当者のこと。ガス工事の後ガスが出なくなったなどという苦情に現場で直接対応してくれるのはこのフロントマンです。フロントマンは通常「管理業務主任者」という資格を有していますが、このフロントマン次第でマンション経営がスムーズにもなりますし、また逆に借り手が長続きしない原因となることもあります。

マンション管理会社を選ぶ際にはいいフロントマンを揃えているところを選ぶのが必須です。社員全体の勤務年数が5年以上の会社を選ぶのもひとつのポイントです。フロントマンが担当するマンションの件数もあらかじめ確認しておくといいですね。一人であまりたくさんのマンションを管理しているようだと、サービスの質が低下してしまいます。

マンションというのは各々管理組合がありますが、サービス会社に管理を任せてしまうことになると組合とのやりとりにもフロントマンが対応するケースが出てきます。ですからマンション管理組合と折り合いのいいサポート会社、できれば同グループの会社を選ぶのも悪くないアイディアです。

 
大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~