大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪の管理組合理事さん必見!マンション管理会社を見極める鑑定眼きたえます

大阪でおすすめのマンション管理会社~不動産・ビル・賃貸・分譲~  » 管理会社を変更すべき二大要因 » 管理費の削減

管理費の削減

「今の管理会社では管理費用が高いな…」などと漠然と思っていても、なかなか管理会社変更までは行動できない理事さんが多いはずだ。どんなふうに行動を起こせば、管理費を安くすることができるのか、具体的な例を見ておこう。

事例:其の1「管理会社は自分たちで決めよう!」

都市部の駅に近い大型マンション。購入時すでに、売主であるデベロッパーが管理を子会社に委託していて、毎月の管理費も決まっていた。

ほとんどの居住者が何の疑いもなく契約した。しかし、周辺の他のマンションで管理組合理事の知り合いに聞いてみると、やはり管理費が他と比べて高いらしいことが判明。

毎月「高いな…」と思いながらも支払っているが、あるとき、「修繕積立金が足りないので値上げしたい」と管理会社からの通達が…。

管理組合の解決策

タイミングよく、理事長が代替わりした。管理費用の高さに疑問を持っていた居住者が新理事長に決まり、管理費削減に動き出したのだ。

管理委託費用の内訳をチェックし、毎月の支出なども細かく確認。会計を精査し始めると、管理会社は焦りを隠せなかった。

しかし管理費削減の具体案を示さず、「うちはデベロッパー系なので、マンションのことを一番よくわかっている」といった説明に終始しはじめたので、現管理会社との解約を検討。ほかの管理会社数社に見積もりを依頼した。

現管理会社と独立系管理会社とで競合したところ、やはり独立系管理会社が提示した金額の方がはるかに安かった。

管理組合の総会で、新管理会社へ変更する決議が行われ、自分たちで決めた管理会社へ管理を委託することになった。

事例:其の2「削減すべきところは自分たちで決めよう!」

都市部で40戸程度の中規模マンション。デベロッパー系の管理会社に管理を委託しており、サービス内容に不満はなかった。

しかし、中規模マンションのわりに管理費が高いという意見が居住者から出て、管理費用について見直すことに。

サービスが過剰な部分や、設備の高額なメンテナンス費用などを削減できないかと現管理会社へ交渉し、再見積もりを依頼したが満足できる回答が得られなかった。

管理組合の解決策

他の管理会社数社に見積もりを依頼したところ、エレベーターのメインテナンス費用を大幅に削減できると回答した会社が出てきた。現在委託しているメーカー系のメインテナンス会社は安心感があるが、ほかの業者なら半額ほどで点検や保守ができるとのこと。

理事会でさっそく検討し、「安全性はどうか?」「故障の際の部品調達はどうする?」等の疑問が出たが、ひとつひとつを確認し、問題ないことがわかった。

エレベーター以外にも、機械式駐車場や消防設備のメインテナンス費用なども削減できることがわかり、すべて見直すことに。

積極的に削減案を提示してくれた新しい管理会社と契約し、管理費用の削減に成功。削減できたぶんは修繕積立に回すことができた。

管理費を削減するためにチェックすべきこと

管理費用を安くするためには、どのような事柄にいくら使われているのか、内訳をしっかり確認しておくことが肝要である。

紹介した例のように、設備のメインテナンスを一流のメーカー直系業者に委託しているがためにバカ高い費用がかかっていた、というようなケースがたくさんあるのだ。

ほかにも、エントランス周りや敷地内の草むしりのために人件費が使われていたりと、管理費用の削減ポイントはたくさんある。草むしりなど居住者が協力してやればタダで済むことなのだから。

まず、自分たちが必要とするサービスと、必要としないサービスを見極め、要らない部分は積極的に削減するよう管理会社に交渉しよう。

良い回答が得られない場合は、ほかの管理会社への変更を視野に入れ、数社に見積もりを取って比較する。それだけで、現管理会社へは良い刺激になって、管理費削減へ動いてくれる場合もある。

いずれにせよ、自分たちが払っている管理費用がどのように使われているのかをしっかりで把握し、使い方は自分たちで決定すべき、という考え方が基本なのである。

コスト削減とサービスを両立できる
大阪のマンション管理会社を探す!

この記事の関連のページ

 
大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~