大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪の管理組合理事さん必見!マンション管理会社を見極める鑑定眼きたえます

大阪でおすすめのマンション管理会社~不動産・ビル・賃貸・分譲~  » マンション管理会社の選び方 » 独立系とデベロッパーはどう違う?

独立系とデベロッパーはどう違う?

マンションの管理会社を分類すると、“独立系”管理会社と“デベロッパー系”管理会社のふたつに分けられる。この両者には、どのようなメリットやデメリットがあるのかを解説しよう。

マンション管理会社は2種類あることを確認しておこう

新しい管理会社への変更を検討するとき、基礎知識としてまず知っておかなければならないのは、管理会社には“独立系”と“デベロッパー系”という2種類が存在するということである。

マンションの売主である大手デベロッパーのグループ企業が“デベロッパー系”管理会社といわれ、“独立系”とは、デベロッパーとはまったく関係のない、マンションやビルの管理を専門業務とする企業のことを指す。

それぞれにメリットとデメリットがあるが、いずれにしても、自分たちの管理組合がマンション管理サービスに何を求めるかといった点を考えて、管理会社を選択することが重要といえる。

“独立系”と“デベロッパー系”の違いとは

この両者の違いを大きく言えば、「大手ブランドの知名度と信頼性」vs「独自のサービスと適正な管理費用」といったところだろう。

デベロッパー系には大手のグループ企業という安心感があるし、独立系には管理費用を安く抑える企業努力や工夫がある。

ここでは、それぞれのメリット&デメリットを詳しく見ていくことにしよう。

独立系管理会社の特徴

親会社から仕事が回ってくるデベロッパー系とは違い、企業努力や営業力で契約を得ているので、他社より少しでも安く管理委託費用を抑える工夫をしているのがもっとも大きなメリットだろう。

また、会社規模が比較的小さいため、小回りが利くサービスが特徴といえる。

メリット
  • 管理委託費用を安く抑えられる可能性が高い
  • 会社規模が小さく、対応やサービスに柔軟性がある
  • 競争性が高いゆえに提供するサービスを重視しており、住人の声が届きやすい。
  • 親会社のしがらみがないので、修繕工事の業者選びの際などは公平に選択できる
デメリット
  • コストダウンを優先させるあまり、サービス内容に不満が出る可能性がある
  • 売主から設計や設備の詳細情報を得にくいため、管理業務に影響が出る可能性がある
  • 少数スタッフでまかなっている会社では、人手不足で対応に問題が出る可能性がある

デベロッパー系管理会社の特徴

親会社のデベロッパーが販売した物件の管理は、自動的に子会社に委託されるケースが多く、居住者の意見や選択が反映されることがないので、管理費用は高めの設定となっている。

とはいえ、大手企業のグループ会社という安定感は抜群だ。

メリット
  • 規模の大きな会社が多いため、ひとつの物件に携わるスタッフの数が多い
  • 売り主から建物や設備の情報が得られやすいので、管理がスムーズ
  • 経営基盤がしっかりしていて安心感がある
デメリット
  • 新築の場合は、すでにデベロッパー系管理会社が決まっていて選択できない
  • 修繕工事などもデベロッパー系企業で決まっていて選択できない
  • 管理委託費用が高い場合が多い
  • 管理会社を自由に変えにくい雰囲気がある

“独立系”と“デベロッパー系”それぞれの良さを見極めよう

どちらの管理会社を選ぶにせよ、それぞれのメリットやデメリットを確認し、自分たちの管理組合が求めるものとが合致する企業を選ぶべきである。

「とにかく管理費用を下げたい!」というのならば、独立系管理会社を選択したほうが安くなる可能性が高いし、「安定感のある企業にお願いしたい!」というのであれば、デベロッパー系管理会社を選択すれば失敗が少ないというわけだ。

さらに個別の企業にはそれぞれ良さと弱点もあるので、その点をよく見極めて、自分たちにより有益になりそうな、より良きパートナーとなってくれる企業を選ぶようにしよう。

サービスの充実した大阪の独立系マンション管理会社おすすめBEST5はこちら!

 
大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~