大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪の管理組合理事さん必見!マンション管理会社を見極める鑑定眼きたえます

大阪でおすすめのマンション管理会社~不動産・ビル・賃貸・分譲~  » マンション管理会社の選び方 » 知っておきたいトラブル事例

知っておきたいトラブル事例

マンションを管理するうえで、起こりがちなトラブルについて、具体的な例を挙げて紹介しよう。三大トラブルと呼ばれる、「騒音」「ペット」「水漏れ」について解説するので、対処法を参考にしてみてはいかがだろうか。

トラブル其の一「騒音についてのトラブル」

鉄筋コンクリート造3階建てマンションの2階に住むAさんが、絨毯張りだった床をフローリングの床に張替えた。

Aさんの真下の部屋に住むBさんは、それまでなかった2階の生活音が響くようになった、と主張してAさんと対立。裁判に発展してしまった。

解決策

裁判では、Aさんが事前の騒音対策や管理組合への届け出を行わず、さらに1階のBさんからの承認を得ることなく工事を行ったことから、2階のAさんにたいして慰謝料の支払いを命じた。

Bさんは、元の絨毯張りの床に戻すよう要求していたが、それは棄却。管理組合の総会で、「Aさん宅のフローリング床を防音措置の施された床に改装するように」と勧告して、両者が納得した。

トラブル其の二「ペットについてのトラブル」

あるマンションでは、使用細則の中に「小鳥及び魚類以外の動物の飼育は禁止」と定められているにも関わらず、約20%の居住者がこっそり犬や猫を飼っている、という実態があった。

理事会では長年、細則の禁止事項について広報し、努力してきたがあまり成果がなかった。

解決策

全居住者にアンケートを行い、飼育者・非飼育者を含む犬猫飼育問題検討会議を何度か開催した。その結果、犬猫特例飼育細則試案を作成して、総会で特別決議された。

試案の内容は以下のようなものだった。

  • 現在、犬猫を飼育している全員でペットクラブを組織する
  • 特例として、現在飼育されている犬猫に限り、飼育を容認する
  • 容認された犬猫には登録義務が発生する
  • トラブルが発生した場合は、飼育者の自己責任となる
  • 不良飼育者は、飼育許可取り消しや駐車場使用契約解除などの措置が取られる

しかし、この試案の決定後に、新たに犬を飼い始めた居住者がいたため、管理組合がそのひとりを訴えて裁判に発展。

判決では、犬の飼育禁止が言い渡され、管理組合が全面勝訴した。

トラブル其の三「水漏れについてのトラブル」

東日本大震災で震度5強の揺れを記録した地域のマンションで、Aさんの設置している電気温水器の配管から水漏れが発生。階下のBさんの部屋へ漏水してしまった。

電気温水器は居住者のAさんが購入したもので、平成6年製、点検は平成19年に行われていた。

Aさんは、この漏水は地震によるもので、配管の劣化によるものではないと主張。裁判となった。

解決法

判決では、Aさんの主張を退けて、Bさんへ損害賠償金を支払うように言い渡された。

裁判官は、震度5強の地震であっても当該マンションのように耐震性の高い建物では、特段の被害がないと判断。

周辺のマンションや住戸でも温水器から漏水した事故はなく、マンションにも亀裂などは生じなかったことから、Aさんが設置した温水器の配管の劣化が原因であると認定した。

《MEMO》

マンションの水漏れのトラブルは、上記の事例のように、住人だけに問題がある場合だけでなく、マンションの建物そのものに原因があることも多い。

原因の究明は管理組合が行なわなければならず、共有部分にひび割れなどの原因があった場合は、管理組合が階下の居住者への損害賠償を行うことになる。

逆に、漏水の原因が建物の専有部分にあった場合は、漏水元の居住者が個人的に損害賠償に応じなければならない。

 
大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~