大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~

大阪の管理組合理事さん必見!
マンション管理会社を見極める鑑定眼きたえます

マンション管理会社@大阪の
オススメ5社を紹介!
大阪でおすすめのマンション管理会社~不動産・ビル・賃貸・分譲~ » マンション管理コラム » マンションの落雷対策

マンションの落雷対策

ここでは、マンション管理における落雷対策について解説する。たとえ避雷針がついていたとしても、落雷被害がゼロになるとは限らないことに要注意だ。

避雷針では防げない?

「ウチのマンションには避雷針がついているから雷は落ちない」と考えているなら、それは誤解と心得よう。

そもそも避雷針とは、雷を自分のほうへ落ちるように誘導する装置。自分に落ちた雷を、さらに地中へと誘導するのが避雷針の役割なのだ。地中へと雷を誘導することで建物自体の損壊を防ぐことが、避雷針を設置する目的であることを理解されたし。

ただし、避雷針のおかげで建物自体は守られるものの、電線や通信回線を通じて雷の電流が屋内へと侵入してくることがある。この電流によって、コンセント等につながっている家電製品などがショートした場合、この現象を「雷サージ」と呼ぶ。 避雷針は建物を守ることはできるが、建物内部にある家電製品は守れない、ということを覚えておこう。

日本の落雷回数

2020年に日本で発生した落雷回数を地域別に見てみると、おおむね次の通りだ。

  • 北海道…約23,400回
  • 東北…約62,500回
  • 関東甲信…約153,600回
  • 東海…約79,900回
  • 北陸…約29,300回
  • 近畿…約45,600回
  • 中国…約32,900回
  • 四国…約29,900回
  • 九州・沖縄…約83,200回

※フランクリンジャパン調べ(2014年~2020年の地域別落雷数(陸域)より)

※参照元:フランクリンジャパン 公式サイト(https://www.franklinjapan.jp/raiburari/data/)

なお、私たちが一般に言う「落雷」とは、多くの場合、複数回の放電が繰り返される現象を指している。専門的には、それぞれの放電のことを電撃(strike)と呼び、一連の電撃のことを落雷(flash)と呼んでいる。ちなみに上記の数字は、電撃(strike)の回数の概算累計である。

落雷は火災保険が適用できる

一般的な火災保険は「火災、落雷、破裂・爆発」による被害が補償の対象だ。そのため、「雷サージ」によって家電に被害が生じた場合、火災保険の補償が適用される可能性が高い。 加入中の火災保険の補償内容を改めて確認してみるようにしよう。

住人への注意喚起

マンションの管理をする立場としては、住人に落雷への注意喚起をしておくことが大切だろう。避雷針では家電製品を守れない可能性があること、火災保険が家電製品の被害を補償できる可能性があることを、といった内容の注意喚起だ。

もとより、火災保険に加入していない住人に対しては、落雷対策以外の意味においても、早急に加入するよう伝えたほうが良いだろう。

魅力的なサービスを用意している
大阪のマンション管理会社5選をチェック!

大阪のマンション管理会社お薦め3選
カシワバラ・デイズ

管理組合との密な連携で充実のサポート体制。対応が早く管理費のコスト削減も可能

カシワバラ・デイズのHP画像

オークラハウジング

創業から50年以上の実績

オークラハウジングのHP画像

サムティプロパティマネジメント

大規模修繕の診断や工事計画まで一括管理

サムティプロパティマネジメントのHP画像

※当サイトのマンション管理会社の中でマンションの管理サービスが多い順で自社メンテナンスを提供しており、24時間緊急対応に応じてくれる会社をピックアップ。※2021年5月時点の調査情報を元に作成しています

免責事項
このサイトに掲載されている情報は、2015年11月に調査した内容をまとめたものです。
最新情報やサービス内容を詳しく知りたい場合は、各社の公式HPをご確認ください。

大阪のマンション管理会社の選び方~不動産・ビル・賃貸・分譲~